2012年01月01日

2012年、新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
皆さん、元旦はどのようにお過ごしですか?

昨年は、大変哀しく、つらい出来事が起こり、人びとに改めて自然の恐ろしさというものを教えてくれるとともに、多くの人びとが人生の中で、一生忘れない年となりました。
しかし、多くの人びとが、この教訓を得ることによって、これまで忘れかけていた「助け合い」「支えあい」「譲り合い」「結び合う」という「ともにいきる」ことに目覚めた年でもありました。

被災地の皆さんには、一刻も早く、元の生活の戻ることをタピラス村住民一同、切に願っています。

新しい年を迎えるにあたり、癒しの仏教詩人と言われる「」の詩を贈ります。

日本を
美しい国にしよう
明るい国にしよう
国は小さいけれど住みよい国にしよう
日本の国に生まれてきてよかった、といえるような国づくりをしよう
これが21世紀の日本への
私の願いだ。

いかがでしょうか?
坂村真民の言葉が実現する日本になってほしいと願っています。

今年も、タピラス村から多くのお便りを皆さんにお届けします。
今年もよろしくお願いします。

タピラス村住民一同













posted by タピーロとタピーラ at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長老からの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

「国民総幸福量」って、知ってますか?

皆さんは、「国民総幸福量」って、知ってますか?
ブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王とジェツン・ペマ王妃夫妻が、11月15日〜今日20日まで来日され、各訪問地でのお二人の立ち振る舞い、スピーチが多くの日本国民に感動と勇気を与えました。
国王夫妻来日で、ブータンという国が身近になり、特に国民総幸福量を導入していることに注目が集まっています。
◆では、国民総幸福量とはどんな内容でしょうか。
ブータンの1人当たりの国民総所得は1,920米ドル(世界銀行,2010年)であるにもかかわらず,国勢調査(2005年)ではブータン国民の約97%が「幸せ」と回答しています。「国民総幸福量(GNH)は国民総生産(GNP)よりも重要である」と,1970年代にGNHの概念を提唱したのは,先代のジグミ・シンゲ国王でした。GNHは,経済成長を重視する姿勢を見直し,伝統的な社会・文化や民意,環境にも配慮した「国民の幸福」の実現を目指す考え方です。その背景には仏教の価値観があり,環境保護,文化の推進など4本柱のもと,9つの分野にわたり「家族は互いに助け合っているか」「睡眠時間」「植林したか」「医療機関までの距離」など72の指標が策定されています。国家がGNH追求のために努力することは憲法にも明記され,政策を立案,調整するGNH委員会が重要な役割を担っています。
(外務省ホームページより抜粋)

◆中継がなかったのですが、国王の日本の国会でのスピーチ(全文)を、ぜひ、読んでみてください。きっと感動されると思います。

◆このブログを管理しているNPO PTPLでは、元世界銀行副総裁・西水美恵子さんから「ブータン王国に学ぶリーダーシップの形」というエッセイを寄稿していただいています。
こちらもぜひ、お読みください。
「ブータン王国に学ぶリーダーシップの形」(1)
「ブータン王国に学ぶリーダーシップの形」(2)
「ブータン王国に学ぶリーダーシップの形」(3)
「ブータン王国に学ぶリーダーシップの形」(4)
「ブータン王国に学ぶリーダーシップの形」(5)

このブログをご覧いただいている皆さん、ぜひ、「幸福ってなんだろう?」ってことについて、家族で考えてみてください。

posted by タピーロとタピーラ at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長老からの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

【長老からの一言】好きな木がありますか?

木の幹にそっと手のひらを当ててみよう。
そして、「いのちをありがとう」っていってみよう。
じわーっと、手から木のいのちが伝わってきます。
タピラスは、草や木から力をもらっているんだ。
タグ:いのち


posted by タピーロとタピーラ at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長老からの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


動画無料ゲームセキュリティソフトウイルス対策 無料Office
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。