2011年09月12日

今日は満月です。

今日、9月12日は満月です。
今夜の満月は特別な満月です、十五夜で中秋の名月といわれています。

十五夜とは、 旧暦8月15日。十五夜はお月見・名月・中秋の名月などと呼ばれ、観月の好時季とされ、昔は月下に酒宴を張り、詩歌を詠じ、すすきを飾り、月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、神酒を供えて月を眺めて楽しみました。一年のうちでもこの夜が最も澄んで明るく、秋草の花、競う虫の音、それに露と、秋の風物が揃う時季でもあります。
中秋の名月を鑑賞する風俗は、中国では唐の時代から知られていて、それが平安時代の貴族の間に取り入れられ、武士や町民へと次第に広まっていきました。農民の間では農耕行事と結びついて、収穫の感謝祭としての意味を持っていました。
中秋の名月を最も素晴しいとして鑑賞するのは、秋になると夏や春に比べ空気が乾燥し、月が鮮やかに見え、冬の月も鮮やかに見えるが鑑賞するには寒すぎるからです。
せっかくの十五夜が曇りで、月見ができないことも多く、それで十五夜前後を待宵月(十五夜の前後の月見。)、十六夜(十六日夜の月見。)、立待月(十七日夜の月見、少し立っている間に月が出てしまったということ。)、寝待月(二十日の月で午後11時ごろ、ひと寝入りした頃に出る月。)などと呼び名月を惜しみました。
中国では「中秋節」、韓国では「秋夕(チュソク)」と呼ばれ、この夜の月を愛でる風習は東アジアの各国に現在も根強く残っています。

秋の草花、団子や秋の野菜を供えて、お月見をしたいものですが、皆さんの家ではどうですか?

満月の映像をお楽しみください。






posted by タピーロとタピーラ at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


動画無料ゲームセキュリティソフトウイルス対策 無料Office
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。