2011年01月24日

【お知らせ】絵本の紹介

タピラスが絵本になりました。
タイトルは「タピラス村のなかまたち・タピーロとタピーラ」
朝倉 勇・すとうあさえ=文  藤枝リュウジ=絵

表紙.jpg 

絵本の概要は
「タピラス」とは、バクの仲間、私たちの悪い夢を食べてくれる動物です。
ある日、大人のタピラスたちが、悪い夢を食べるためにニンゲン界に
出かけたあとに、もうひとつ悪い夢が生まれてしまいました。
そこで、まだちいさなタピラスのタピーロが、初出動!
生まれて初めて悪い夢を食べるために、タピラス村から飛び出します。
悪い思いにとりつかれたニンゲンは、真っ黒な煙にまかれ、
人なのか、煙なのか、区別がつかないほど。
その煙の正体、「悪い夢」とは……?


この絵本は、「人と人、人と自然のコミュニケーションを考える」をテーマに
取り組むNPO法人「プラント・ア・ツリー・プラント・ラヴ」の
サイトから生まれたメッセージ絵本です。
よりよい未来のために、今必要なことは何か、また大切なこととは何か、
考えるきっかけになればと願っています。

推薦者からのメッセージ
◆富山和子(日本福祉大学客員教授 立正大学名誉教授)
大人のみなさんへ 
子どもたちに、この絵本を読んであげてください。声出して、一緒に読んでみてください。命が伝 わってきます。森のいのち、子どものいのち、あなたのいのちがつたわってきます。

◆朝丘雪路(女優)
私はタピラスのホームページで語り役をつとめています。いまを生きているすべての人に、この絵 本を読んでほしいと思います。なぜかって? それはタピラスが歌う“よい夢ふくらめ、大きくな あれ、悪い夢しぼめ、さっさと消えろ”が、いまの時代にとても大切だと考えているからです。









posted by タピーロとタピーラ at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


動画無料ゲームセキュリティソフトウイルス対策 無料Office
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。