2012年02月29日

2月29日、今日は「うるう日」です。

新暦の2月29日を閏日といいます。西暦年数が4で割り切れる年が閏年。(たたし、100で割り切れる年のうち、4で割り切れない年は平年。2月28日の次の日が閏日です。(英語ではLeap day)
4年に一度のこの日、イギリスでは女性から男性へのプロポーズが伝統的に公認されています。

今年(2012年)は「うるう年」。うるう「秒」「日」「月」のある珍しい年です。
「1日」は地球の1回転、つまり自転を基準に決められています。
しかし、自転速度はほんのわずかずつ遅くなってきています。
自転で決まる時刻と、現在は時刻の定義に使われている極めて正確な原子時計との差が広がらないように、時々原子時計の方に1秒を足して時刻を合わせます。
7月1日の朝「1秒」を足すのが、うるう「秒」で、天体観測の結果次第で不定期です。
うるう「日」は2月29日、うるう「月」は旧暦3月(大の月)の次に、うるう3月(30日)が入り、1年は13ヶ月となります。




posted by タピーロとタピーラ at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暦の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

お便りが届きました。

2012年2月27日
愛媛県八幡浜市 福田美保さん(教員)
すばらしい贈り物、「タピラス夢カード」ありがとうございました。みんなに幸せを分けてあげたいと思います。
カードは、私が勤める学校となりの小学校に渡し、みんなで夢を記入して枕の下に入れて眠ります。
夢カードには私も書きたいことがあります。心がちょっと灰色になりそうなときもあります、緑に変わるよう日々努めたいと思います。


posted by タピーロとタピーラ at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | タピラスへのお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日、2月27日は「三の午」です。

2月の最初の午の日を初午といい、二番目の午の日を二の午、三番目の午の日を三の午といいます
この日は、全国各地の稲荷神社で祭礼が行われます(初午祭り)。特に京都伏見の稲荷大社では、稲荷信仰の中心で名高く、この日、初午詣の人々で大いににぎわいます。(二の午、三の午と続ける地方もあります。)
もともと稲荷は稲生(いなり)の意味であるとされ、農業神であった。祭神は宇迦之御魂(うがのみたま)の神で、五穀をつかさどる農業神で、それが後世、商工業、漁業の神にもなっていった。
現在、初午の日には、「正一位稲荷大明神」と書いた赤い幟を立て、赤飯や油揚げを供えるのはキツネが稲荷神の使いであると信じられているからです。
また、初午は、江戸時代では、子どもが寺子屋へ入門する日でもありました。
“ともいき暦”より
タグ:三の午


posted by タピーロとタピーラ at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暦の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


動画無料ゲームセキュリティソフトウイルス対策 無料Office
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。